カテゴリー別アーカイブ: 原告の声

福島原発被害東京訴訟・第22回期日のご報告

去る3月1日午前10時から、東京地方裁判所103号法廷にて、福島原発被害東京訴訟第22回期日が開かれました。

この日は、前々回期日(2016年11月9日の第20回期日)及び前回期日(2017年1月11日の第21回期日)に引き続き、第3回目の原告本人尋問が行われました。

この日は合計5名の原告の方(原告番号2-1、16-1、3、8、15-1番の原告)が法廷に立ち、それぞれの被害を訴えました。

この日に法廷に立った原告の方は、ほとんどが原発事故の避難指示区域外からの避難者(いわゆる「自主的避難者」)です。避難者の方々は、放射線被ばくから逃れるために、東京都内に避難している方々です。東京電力からの賠償もほとんど受けられていない中、皆さんは長引く避難生活の中で、それぞれ大変なご苦労をされています。

原告番号2-1の方は、子どもが避難先の公立小学校で、同級生から「放射能バンバンバン」などとからかわれたことがきっかけで一時不登校になり、小学校の転校を余儀なくされたという被害を訴えました。
原告番号16-1の方は、妊娠中に本件原発事故に遭い、福島市から東京に避難しました。放射線被ばくによる健康影響への不安などを訴えました。
原告番号3の方は、故郷の福島が大好きでしたが、原発事故や放射能の恐怖から避難せざるを得なくなり、充実していた福島での生活や人間関係を犠牲にせざるを得なかった被害を訴えました。
原告番号8の方は、もともと自然豊かな福島で暮らしたいとの思いから福島に移住し、有機農法で野菜などを育てながらの悠々自適な暮らしをしていましたが、原発事故によって避難を余儀なくされ、そうした充実した自然とともにある暮らしが奪われた被害を訴えました。
原告番号15-1の方は、避難先の東京で、実際には東電からほとんど賠償を受けていないにもかかわらず、周囲の人たちから「お金をいっぱいもらえていいね。」などと言われ、福島県からの避難者であることに対する世間の偏見にさらされている辛さなどの被害を訴えました。

これらの原告らの切実な被害の訴えに対して、今回も被告東電や被告国からの反対尋問は、相変わらず原告の方々の揚げ足取りのような質問や、趣旨の不明な稚拙な質問が多く、不当なものでした。しかし、それにもかかわらず、今回の5名の原告の方々も、みな堂々と発言され、すばらしい尋問でした。

さらに、法廷の終了後は、隣の弁護士会館にて報告集会も行われました。

次回期日は5月17日(水)午前10時からで、場所は同じく東京地裁1階103号法廷にて行われます。次回は2人にの専門家証人の尋問(主尋問)が行われる予定です。
まず1人目は、被告東京電力や被告国の原発事故に対する法的責任を明らかにするため(責任論)の専門家で、株式会社日本機能安全の取締役で失敗学会の理事の吉岡律夫さんです。吉岡さんは、過去に東芝の原子力事業部で原子炉の設計や安全解析等に従事していた経験があります。吉岡さんからは、本件原発事故が発生する前に、全電源喪失に対する対策をきちんととっていれば、原発事故を防ぐことができたこと(結果回避可能性)などについて証言していただく予定です。
もう1人は、本件原発事故によって原告らが被った損害(損害論)を明らかにするための専門家で、早稲田大学人間科学学術院教授で医師の辻内琢也さんです。辻内さんは、本件原発事故による避難者等を対象とした大規模なアンケート調査を行い、避難者、とくに区域外避難者が被っている多大な精神的苦痛について分析・研究されています。辻内さんからは、本件原発事故による避難生活によって原告らが被っている様々な精神的苦痛について証言していただく予定です。

裁判はいよいよ正念場を迎えています。是非次回以降も法廷の傍聴をよろしくお願いします!

福島原発被害東京訴訟・第21回期日のご報告

第21回期日

去る1月11日午前10時から、東京地方裁判所103号法廷にて、福島原発被害東京訴訟第21回期日が開かれました。

この日は、前回期日(2016年11月9日の第20回期日)に引き続き、第2回目の原告本人尋問が行われました。

合計で6名の原告の方(原告番号4-1、9-1、10-1、11、12-1、17-1番の原告)が法廷に立ち、それぞれの被害を訴えました。

この日に法廷に立った原告の方は、いずれも原発事故の避難指示区域外からの避難者(いわゆる「自主的避難者」)です。避難者の方々は、放射線被ばくから逃れるために、東京都内に避難している方々です。東京電力からの賠償もほとんど受けられていない中、皆さんは長引く避難生活の中で、それぞれ大変なご苦労をされています。

原告番号4-1の方は、子どもが避難先の公立小学校で、同級生に階段から突き落とされたり、お金をとられたりする凄惨ないじめに遭っている被害などを訴えました。
原告番号9-1の方は、もともと自然豊かな地域での大家族での生活を夢見て福島に移住したものの、原発事故による避難によってそうした夢や人生設計が大きく狂わされてしまった被害を訴えました。
原告番号10-1の方は、原発事故で母子避難となり、夫と離れ離れの生活になる中で、ストレスなどから子どもに当たってしまったことなどを涙ながらに訴えました。
原告番号12-1の方は、福島で独立開業した工務店が、原発事故によって廃業を余儀なくされ、仕事のやりがいを失った被害などを訴えました。
原告番号17-1の方は、子どもが甲状腺検査で異常を指摘されたり、頻繁に鼻血を出したりする症状についての不安などについて訴えました。

これらの原告らの切実な被害の訴えに対して、今回も被告東電や被告国からの反対尋問は、相変わらず原告の方々の揚げ足取りのような質問や、趣旨の不明な稚拙な質問が多く、不当なものでした。しかし、それにもかかわらず、今回の6名の原告の方々も、みな堂々と発言され、すばらしい尋問でした。

さらに、法廷の終了後は、隣の弁護士会館にて報告集会も行われました。

次回期日は3月1日(水)午前10時からで、場所は東京地裁1階103号法廷で、第3回目の原告本人尋問が行われます。

裁判はいよいよ正念場を迎えています。それぞれ原告の方々は、勇気を振り絞って法廷に立ちます。こうした原告らを応援するためにも、是非次回以降も法廷の傍聴をよろしくお願いします!

 

福島原発被害東京訴訟・第20回期日のご報告

去る11月9日午前10時から、東京地方裁判所103号法廷にて、福島原発被害東京訴訟第20回期日が開かれました。

この日は、午前10時から午後4時30分まで、原告本人尋問が行われ、合計で6名の原告の方(原告団長の鴨下裕也さん、原告番号1-2、14-1、13-1、6-1、7-1)が法廷に立ち、それぞれの被害を訴えました。

この日に法廷に立った原告の方は、いずれも原発事故の避難指示区域外からの避難者(いわゆる「自主的避難者」)及び避難区域外の地域の滞在者です。避難者の方々は、放射線被ばくから逃れるために、東京都内に避難している方々です。東京電力からの賠償もほとんど受けられていない中、皆さんは長引く避難生活の中で、それぞれ大変なご苦労をされています。

それに対して、被告東電や被告国から反対尋問が行われました。ところが、これらの被告らの反対尋問は、いずれも原告の方々の揚げ足取りのような質問や、謝った事実を前提にして質問するいわゆる「誤導尋問」が多く、弁護団の山川幸生弁護士をはじめ、弁護団は即座に異議を出して対抗しました。また、こうした被告側の質問に対しては、裁判長からも「聞き方を工夫して下さい。」などと何度も注意がなされていました。

数々の被告らの不当な反対尋問にもかかわらず、6名の原告の方々は、みな堂々と発言され、すばらしい尋問でした。傍聴席も満席で、原告の発言に対して傍聴席から度々拍手が鳴り、裁判長がやむなく制止する場面もありました。

さらに、法廷の終了後は、隣の弁護士会館にて報告集会も行われました。

次回期日は1月11日(水)午前10時から、次々回期日は3月1日(水)午前10時からで、場所は東京地裁1階103号法廷で、いずれも今回と同じく原告本人尋問が行われます。

裁判はいよいよ正念場を迎えています。それぞれ原告の方々は、勇気を振り絞って法廷に立ちます。こうした原告らを応援するためにも、是非次回以降も法廷の傍聴をよろしくお願いします!

6.9「避難用住宅の無償提供の打ち切りに反対し、撤回を求める院内集会」のご報告

鴨下代表挨拶

去る6月9日、参議院議員会館にて、「避難用住宅の無償提供の打ち切りに反対し、撤回を求める院内集会」が開催されました。

これは、福島原発事故によって主に首都圏に避難している避難者の団体である「ひなん生活をまもる会」(http://hinamamo.jimdo.com/)の主宰によって行われたものです(冒頭の写真は、「ひなん生活をまもる会の鴨下裕也代表の挨拶)。

今、原発事故の避難者は全国で約12万人いるといわれていますが、こうした避難者に対して国が強行に帰還を促す帰還政策の一環として、避難者用住宅の無償提供措置が打ち切られようとしています。

そこで、危機感を抱いた避難者たちは、この国による帰還政策に反旗をひるがえし、立ち上がりました。

今回の院内集会は、急遽タイトな日程に中で決まった企画であり、参加者を集められるかどうか、直前まで不安がありました。

ところが、ふたを開けてみると、なんと当日は参議院議員会館の約100名の部屋に、約170名以上の参加者が駆けつけ、部屋が超満員の状態となりました。

そして、北海道から大阪まで全国9都道府県の原発事故避難者がこの集会に参加しました。

そのうち、避難者16人(うち1人は井戸川克隆・前双葉町長)が登壇して切実な避難生活の現状を訴え、来場できなかった避難者のメッセージも多数代読されました。

また、菅直人元首相、森まさこ議員(自民党)、荒井聰議員(民主党)、福島瑞穂議員(社民党)、吉良よし子議員(共産党)、山本太郎議員(生活の党と山本太郎となかまたち)など多数の国会議員も集会に駆けつけ、発言を行いました。

時間も、予定の2時間を大幅にオーバーし、「打ち切り阻止」へ向けて大いに盛り上がって閉幕しました。

「避難用住宅の無償提供期間の長期延長を求める署名」提出

署名提出2

< 内閣府へ署名を提出するところ >

 

福島原発事故のため、首都圏のみなし応急仮設住宅に避難している私たち避難世帯のグループであり、福島店発被害東京訴訟の原告も入っている「ひなん生活をまもる会」と、同じように京都に避難している避難者と支援者のグループである「うつくしま☆ふくしまin京都」、そして、埼玉県の避難者支援団体である「震災支援ネットワーク埼玉」の3団体は、昨年11月以来、避難区域外からの避難者(区域外避難者)も含めた全ての原発事故避難者に対し、みなし仮設住宅等の避難者向けの住宅を無償で長期間提供すること等を確約・実行することを求め、上記の署名活動を行ってきました。

 

その結果、合計で4万4978筆もの署名が集まり、昨日5月13日に内閣府に提出の運びとなりました。

 

ところが、当初、内閣府は署名の受け取りに関して、「国が要望書を受け取る性質のものではない」とか、「内閣府防災で対応することができない」などと、署名の受け取りに消極的な姿勢を示していました。そのため、署名受渡しの日程調整に手間取りました。

しかし、内閣府は、災害救助法に基づき、被災者の応急救助に関すること等を所管する官庁であり、「国が要望書を受け取る性質のものではない」などという対応は断じて許されるものではありません。

以下で、福島原発被害東京訴訟の原告団長でもあり、「ひなん生活をまもる会」代表の鴨下裕也さんが内閣総理大臣等に宛てた文章を紹介します。

 

内閣総理大臣     安倍  晋三 殿

内閣府特命担当大臣  山谷 えり子 殿

復興大臣       竹下   亘 殿

 

「避難用住宅の無償提供期間の長期延長を求める署名」提出にあたって

 

本日、安倍晋三内閣総理大臣及び山谷えり子内閣府特命担当大臣(防災)に宛てて、「避難用住宅の無償提供期間の長期延長を求める署名」を提出致します。

福島原発事故のため、首都圏のみなし応急仮設住宅に避難している私たち避難世帯のグループである「ひなん生活をまもる会」と、同じように京都に避難している避難者と支援者のグループである「うつくしま☆ふくしまin京都」、そして、埼玉県の避難者支援団体である「震災支援ネットワーク埼玉」の3団体は、昨年11月以来、避難区域外からの避難者(区域外避難者)も含めた全ての原発事故避難者に対し、みなし仮設住宅等の避難者向けの住宅を無償で長期間提供すること等を確約・実行することを求め、上記の署名活動を行ってきました。その結果、4万4978筆の署名が集まり、本日提出の運びとなりました。

昨年も、「ひなん生活をまもる会」が同様の署名運動を行い、16002筆の署名を提出しました。その後、原発事故避難者の応急仮設住宅の提供期限は、平成28年3月まで延長されました。今年は上記3団体が共同呼びかけ団体となって全国の避難者・支援者・市民の皆さんに署名を呼びかけ、更なる長期の避難用住宅の無償提供を訴えたところ、昨年の2倍をはるかに超える沢山の署名が集まりました。

 

ところが、当初、私たちの側からの署名提出の打診に対して、内閣府の担当官の方は「国が要望書を受け取る性質のものではない」「内閣府防災で対応することができない」などと述べたという話があり、署名受渡しの日程調整に手間取りました。

内閣府は、この要望書の主題である「応急仮設住宅」制度を定めている災害救助法等に基づく「被災者の応急救助に関すること」等を所管する官庁です。仮設住宅の提供期間の定めの大本は、内閣府防災担当が所管する政令である災害救助法施行令3条1項に基づく内閣府告示「災害救助法による救助の程度、方法及び期間並びに実費弁償の基準」であり、内閣総理大臣には基準を変更する権限があります。上記の基準を超える期間等を定める場合、同施行令3条2項に基づく特別基準を設定することになりますが、これには、内閣総理大臣の同意が必要であり、これも内閣府防災担当の所管です。また、災害救助法に基づく救助は、都道府県知事が行うものとはいえ、法定受託事務であり、今回の福島原発事故においても、所管する国の官庁(福島原発事故発生当初は厚生労働省でしたが、現在は内閣府に所管が移っています。)が福島県等の被災自治体や被災者受入れ自治体に対し数多くの通知を出して、事実上の政策決定を行ってきました。

これらの事実に鑑みれば、福島原発事故の被害者が内閣府に対し、現行の住宅政策の抜本的改善を求める本署名「避難用住宅の無償提供期間の長期延長を求める署名」を提出するのは当然のことです。

にもかかわらず、内閣府の担当官が「国が要望書を受け取る性質のものではない」「内閣府防災で対応することができない」等と述べたということは極めて残念です。なぜ、このような対応がなされたのか。内閣府は、福島県民をはじめとする原発事故被害者の支援に対して実は消極的なのではないかという疑念を持たざるをえません。もちろん、こうした政策態度は、「被災者の生活を守り支えるための被災者生活支援等施策を推進し、もって被災者の不安の解消及び安定した生活の実現に寄与する」という原発事故子ども被災者支援法1条所定の目的にも反するものだと思います。今後は、このような対応がないようにしていただきたいです。

安倍晋三内閣総理大臣に対しては、上記のような原発事故被害者の疑念を払拭するよう、本要望書に沿った抜本的な住宅支援策の立案を期待します。

 

わたしたちは4年前、突然、福島原発事故に巻き込まれ、避難してきました。放射能汚染による追加被ばくの危険を可能なかぎり避けるため、避難区域の内外を問わず、一日でも長く避難を続けたいという避難者が多いです。来年3月とされている無償の避難用住宅の提供期限は、原発事故被害者の要望とは、かけ離れています。

避難生活にはお金がかかります。避難するのための住宅が有料になってしまったら、避難を続けることが経済的に困難になる世帯が沢山あります。1年ごとの延長では、子どもの中学・高校等の進学先をどこにしたらよいか、悩んでしまうという声もあります。避難住宅の長期的な無償提供が約束されることによって、原発事故避難者は安心して生活することができるようになります。

さらに、他のみなし応急仮設住宅への転居を認めていただければ、プレハブの建設型応急仮設住宅から借上げ住宅などのみなし応急仮設住宅に移ることもできます。家賃負担が生じる災害公営住宅に移らなくても済みます。

また、これから避難したいという方もまだまだいます。こうした新規避難者にみなし応急仮設住宅を提供することも急務です。

こうした原発事故被害者の立場に立った避難者対策を総合的に行うため、新規立法の制定をぜひお願い致します。

 

国には原発事故を引き起こした責任があるはずです。そして、原発事故子ども被災者支援法14条には「施策の具体的な内容に被災者の意見を反映」すると定められています。今こそ、わたしたち避難者の声を政策に反映させるべき時です。

何としても、私たち原発事故避難者の要望を実現していただきたいと思います。

 

平成27年5月13日

 

ひなん生活をまもる会    代 表   鴨 下  祐 也

(連絡先) 〒115-0045 東京都北区赤羽2-62-3 マザーシップ司法書士法人内

福島原発被害東京訴訟・第6回期日の報告

5月28日に福島原発被害東京訴訟の第6回期日が行われました。

法廷では,当方から,
準備書面(13)貞観津波についての知見の蓄積と進展
準備書面(14)シビアアクシデント対策の必要性と被告国による対策の先送り
準備書面(15)被告国の規制権限の不行使の違法に関する原告らの主張の整理と被告らの過失(予見可能性の対象及び程度)について
準備書面(16)低線量被曝と避難の合理性について(その2)
準備書面(17)本件事故による放射能汚染の概況-その1
と関係証拠を提出しました。

また,期日間で東電と電事連に対する文書送付嘱託が採用となりましたが,いずれも嘱託に応じられないとの回答でした。理由は,従来の主張の繰り返しで,全く理由になっていないものでした。
そのため法廷では,当方(主に当職)から強く抗議をしました。今後,強制力のある文書提出命令を申し立てることを検討しています。この問題については,別途,ブログ記事を書きます。

その後,原告(原告番号10-1さん)の意見陳述と弁護団の平松真二郎弁護士の意見陳述が行われました。

原告の意見陳述では,
「・・・夫に会えるのは,1か月に2度ほどです。夫は,仕事が終わると,高速道路に乗って,東京に着くのはいつも深夜です。そして,翌々日の午前中には,いわきに帰って夜勤をしなければなりません。
ふだん夫のいない生活が続き,4歳になった娘は「パパは?」と私に聞いてきます。「お仕事なんだよ。」と答えますが,「なんで?」と納得しないことも多くなりました。
私は,いつも,こう娘に言い聞かせます。「みんなで楽しく住んでいた福島で、とても大きな事故があったの。その事故で,とっても怖いものがいっぱいあったから,あなたを守るためにパパとママは離れて暮らしてるんだよ。パパもママもあなたが大事だからね。」。そう言うと,娘は「パパがお仕事行って寂しいけど,頑張るね! だって,パパ,頑張ってるんだもん。」と言います。
でも,東京に来た夫が福島に帰るとき,何回かに一度は,娘が「パパと離れたくない…。パパと一緒がいい。パパとママとずーっと一緒にいたい。だって大好きなんだもん。」と泣いて,夫にすがります。私は,夫から娘を引き離して,夫をいわきに戻します。ですが,幸せな時間を過ごした後,かわいい娘と引き裂かれる夫の気持ちを思うと,いつも涙が出てきます。
夫は,「初めての子どもなのに,なぜ成長していく様子をすぐそばで見られないんだ。おれは『おかえり!』って,家で迎えて欲しかった。どんなに仕事で疲れても,家族が一緒にいれば休まるのに…。」と言います。・・・」
とこれまでの普通の生活を奪われた悲しみ,避難を決意するに際しての家族の苦悩,見えない将来への不安,国・東電に対する怒りなど,心からの訴えでした。意見陳述が終わると傍聴席から自然に拍手が起きました。

その後,別室で進行協議が行われ,次回までに国の認否,反論が出ることとなりました。また,東電については,最初,責任論に関しては,関係ないと言って消極的でしたが,裁判所からも促されて,基本的な事実関係の主張及び過失についての認否・反論をすることになりました。

今後の予定は,
2014年 8月28日  10時
2014年10月29日  10時
2015年 1月28日  13時10分
2015年 3月25日  10時
で,いずれも東京地方裁判所103号法廷です。

<期日後の報告集会>

第6回期日後報告集会(20140528)

福島原発被害東京訴訟・第5回期日報告

去る2014年3月26日午前10時から,東京地方裁判所103号法廷にて,第5回口頭弁論期日が開かれました。
冒頭に,原告番号12-2さんが意見陳述を行いました(意見陳述は,次頁以降に掲載しています)。母として,妻として,娘としての,家族への想いを語り,平穏な生活を取り戻したいという原告の方の訴えは,満員の傍聴席にいらっしゃった他の避難者の方にも共通するものだったと思います。
その後,弁護団中川素充弁護士による意見陳述も行われました。
原告からは,本件事故当時,国や東京電力は,それまでの津波対策では不充分であることを知りながら,抜本的な対策をとろうとしていなかったことを明らかにする書面(準備書面(10)),低線量被ばくの問題を指摘し,避難区域内外を問わず避難をすることに合理性があることについて総論を述べた書面(準備書面(11)),さらに,今日においても除染が十分に進められていない事実を指摘する書面(準備書面(12))を提出しました。

以下,原告番号12-2さんの意見陳述の一部をご紹介します。

「夫はやりがいのある仕事を頑張っていて,母は日中可愛い孫の面倒を見て,夜は友人と趣味のカラオケや温泉に出かける,そんな日課でした。裕福な暮らしではないです。でも,そんな家族で助け合った暮らしが,私たちの幸せでした。
休みの日は,家族で買い物に行ったり,おなじみになったお気に入りのお店の美味しいランチを食べに行ったり,神社のお祭りや七夕祭り,花火大会が大好きで毎年一緒に出かけていました。平凡な毎日ですが,とても幸せな毎日を送っていました。私は,故郷でのそんな暮らしが大好きでした。
自宅は一軒家でした。よく夫の仕事仲間やお友達が遊びに来てくれました。親戚兄弟もお盆やお正月休みには,毎年泊まりがけで来てくれました。でも,私たちが東京に避難してきて,遠く離れてしまった今では,ほとんど会うこともなくなってしまいました。とても寂しい事です。」

「東京へ来てからは,慣れない生活が続き,家族がバラバラになってしまいました。母は,持病があります。いつもの慣れた病院へ通院したい,東京にはお友達が居ない,とても寂しかったと思います。そして,原発事故の次の年,一人でいわきへ戻りました。
母にとっては,可愛い孫と娘夫婦に囲まれ,自分の趣味に使う予定だったこれからの人生でしたが,今では一人でテレビを見る時間が増えたそうです。毎月,孫の顔を見るために,高速バスに乗って会いに来てくれますが,その途中,倒れた事もありました。そんな母が心配でなりません。できることなら,一緒に暮らしたいと思っています。
夫は,東京に避難したことで,仕事のお仲間から非難されてしまいました。つらかったと思います。夫は,娘や私たちのためにとても苦しい決断をしたのです。
私達は,生活の為に慣れない土地でも働かなくてはなりません。でも,東京での仕事でも,避難者だっていうことだけで,傷を受けました。そんな中で,もともとは丈夫なはずの夫が,仕事中に救急車で運ばれ入院した事もありました。原因はストレスと過労と言われました。私自身も体調を崩す事が多くなったように思います。どこに行っても知った顔に囲まれ,安心したいわきでの生活から,どこへ行っても,見知らぬ人ばかりの東京の生活。人との関わりがわからなくなり,人と接する事が怖くて,人と会うこと,人と話すことが嫌になってしまいました。
私達は,東京へ来たくて来た訳ではありません。原発事故がなかったら,今でもいわきで家族4人楽しく暮らせていたと思います。故郷で,みんなで楽しく穏やかに暮らす,そんな生活を取り戻したいです。事故が起きる前の暮らしを返してほしいです。」